老犬ピットの記録

ピットが私達と一緒に生活したのは、たったの2年間でした。

1997年4月1日、スーパーの前で震えながら怯えていた傷ついたボロボロの老犬を保護しました。

傷だらけの足が痛々しかったので、抱きかかえて家に連れ帰ることにしました。

保護した翌日、肛門から小さな虫がポロポロと落ちとても痒がるので病院に連れて行きました。

診察の結果、サナダ虫が体内にいることがわかりました。

他にも、生後15年ほどの老犬であること、声帯手術を受けているのか声がでないこと

フェラリアに感染していること、目が見えていないこと、耳が遠いこと、その他、多くの治療を要する病気が発覚しました。

5
(保護して2日目、怯えた表情)

警察や保健所に「迷い犬保護」の届けを出しましたが、元の家族が現れることの無いまま日が過ぎて行きました。

名前をピットと名付けました。 日に日になついて来る姿に、もう元の家族が現れない事を願うようになり

ピットを手放すことができなくなりました。

7

(ピットを保護した数日後、又近所の河川公園に2匹の犬が迷っていました。
結局、近くに住む方が保護しました。)


日がたつと共に落ち着きを見せ始め、やがて私たち夫婦の間に入って寝入り

リビングの真中を陣取り、帰宅すると飛びついて喜ぶようになり、すっかり元気になりました。

ピット元気
(ピットが落ち着いてきた頃)

服
(ピットが一番元気な頃)

ピットには多くの病名が付いていました。

けれど、高齢で治療が不可能なものもあり、2日置きの点滴や薬が果てしなく続きました。

出来ることなら、一日でも長く元気な姿で私達の傍にいてくれることを願い

ピットの病気にも根気良く付き合いました。

やがて長女を妊娠中、老いと痴呆の症状が出始めました。

家の中でヨタヨタと歩き、あちこちにぶつかり、2~3時間おきに徘徊し排便の際、ふんばれず倒れてしまいます。

その度に汚物まみれになる体を洗い流しました。

目の前のご飯茶碗がわからず、いつまでも探し回りました。

食べ出してもヨタついてご飯茶碗の中に顔が埋まってしまう事もしばしばありました。

私のつわりがひどく動物病院まで通うのが困難になり先生のご好意で

往診療無料で自宅までピットの点滴に来てくださるようになりました。

つわりで寝こんでいる私にピッタリと寄り添って寝るピットは、励みになりました。

私のお腹が大きくなるのにつれてピットの歩行はますます困難になりました。

ピットを抱っこして外出するのは難しかったので、この頃から肩掛けカバンにピットを入れ外出するようになりました。

私は日中ピットを少しでも外に連れて行き、昼夜の区別を失わせ無いようにしようと思いましたが

毎晩のようにピットは深夜の徘徊を繰り返しました。

1998年11月、破水し産院へ。

病院に行く時、ピットを抱きしめ「ピッちゃん、スグ帰ってくるから元気でいてね。」と声をかけました。
ピットは、私の実家へ預けることになりました。

産院のベットでも、気がかりなのはピットのこと・・・。

陣痛のさなか、思い浮かぶのはピットの顔。

そして、長女を出産。

ピットは、私の入院中、預かってもらっていた実家でも昼夜徘徊を繰り返しました。

1週間の入院を経てピットと再開。

私のことが分かるようで、体をピッタリとくっつけてくるピットの姿を見て涙がでました。

「ごめんね。もう、大丈夫だよ。傍にいるからね。」と抱きしめました。

長女を出産後、ピットと共に里帰りした頃から、ピットは完全に前進歩行が出来なくなり

右回転ばかりグルグルいつまでも回り続けるようになりました。

かベに当たると立ち往生して動けなくなりました。

声の出ないピットのそんな状態に気が付くように、長女とピットの間で眠りました。

ピットは、食べても食べても痩せていきました。

8キロだった体重も5.5キロまで減り背骨がゴツゴツしてきました。

1
(便を漏らすのでオムツをはめる)


10

(外出時、足がふらついて歩けないピットはカバンの中、まだ歩けない長女はウエストポーチで抱っこ。
この頃、ピットの首は横向きのまま前には向けなくなっていました。)

1999年4月30日、突然、まったく食事を取らなくなりました。

病院に連れて行き栄養補給の点滴を受け始めました。

病院で「入院させますか?でも、そのまま危ないかも・・・」と告げられました。

私は「連れて帰ります。明日、又、点滴に連れてきます。」と返事をし、ピットと帰宅しました。

家でも立ちあがっては倒れ、クーッと苦しそうに唸りました。

とにかく膝に抱いてさすることしかできませんでした。

食事を取らず、指に水をつけて口に持っていくと、かろうじてペロペロ舐めました。

3日間、病院に通い点滴と処置をお願いしました。

昼夜、ピットを抱きしめていました。


5月3日午前10時

2年近く吠えることの無かったピットが、2~3度かすれた声で遠吠えをし、私の膝で永遠の眠りにつきました。

病院に連れて行き、先生から死を告げられても信じたくなかった。

涙でぐちゃぐちゃの顔のまま、箱に入れてもらったピットを連れて家に戻りました。

2
1999年5月3日「ピット旅立つ」

泣いても泣いても帰ってこないピット・・・

ピットの死後、家の中にも外にもピットの面影が一杯で、死の事実を受け入れることが出来ませんでした。

私は、今でもピットが誰かに捨てられたとは思いたくありません。

短い間でしたが、ピットは神様が私に授けた宝物です。


ピッちゃんへ
「今度、生まれ変わったら、赤ちゃんの時から私の元においでね。
 たくさん、たくさん幸せになろうね。私の所に来てくれて本当にありがとう。」

コメント

はじめまして、私も犬を飼っていてわが子同然なのでワンコの話にはとても敏感です。
カメラ女子で検索してこちらにたどり着いたのですが、ピットちゃんの話では涙が出て止まらなくなってしまいました。
我が家にも介護をしているワンコが居るので(老犬では無く病気で半身麻痺状態です)
椎間板ヘルニアを患い手術をするも、半身麻痺になってしまいました。
その後それだけでは終わらず、膀胱に石がたまる病気に。
ただ結石が膀胱にたまるだけではなく、尿道にその結石がつまり尿も出せない状態に。
そのため手術して結石除去。
今でも日に3回はカテーテルを尿道に入れて注射器で尿を採ります。
アレルギー体質なので色々薬が合わない事も多く、注射をすると顔が腫れ痒がる事もたびたび。
更に原因不明の熱が続いた日々。ようやく原因がわかりましたが、治療方法が無いと言う、多発性関節炎と言う病気も持っているらしいのです。
動物病院には本当にどこに行くより通っています。


でもピットちゃんは幸せでしたね。最後の最後まで愛してもらえて・・・・ご自身のお子さんが産まれ体も心も大変な時期にこんなに大切にしてもらえるなんて。。。
何だかとっても嬉しく心温まる思いです。ピットちゃんの代わりにお礼を言いたい気分です。

私も愛犬スカイの死を今から覚悟はしていますが、多分相当なショックを受ける事でしょう。
でもね、いつか私がこの世を去った時スカイと再会できると思えば悲しみも和らぐと信じています。
スカイが発熱してぐったりしているときに私はスカイに言うのです。
「いいよ。頑張らなくても。でもね、虹の橋は渡らずにお母さんを待っていてね、天国でまた一緒に走ろうね、お散歩しようね」って。
そう思うとほんの少し楽しみだったりする変な私です。

自分の話になってしまいました・・・すみません。
涙が止まりませんが、この涙悲しい涙じゃなくて感動の涙なんだと思います。
月曜日の朝から感動しちゃいました。 
長くなりまして申し訳ありませんでした。


skymamさんへ
おはようございます♪
コメントありがとうございます。
skymamさんにも、愛するワンコのスカイちゃんがいるのですね^^
人間の子でもよく“手がかかるほどかわいい”といいますが、ワンコもそうかも知れませんネ。
きっと、私たちが選ばれて私たちの元に来てくれたのだと思います。
どんな困難があっても、ワンコが与えてくれる癒しや愛情は計り知れないもので感謝の気持ちで一杯です。
ピットが無くなって12年経ちますが、今でもピットの毛の柔らかさや愛くるしさは鮮明に覚えています。
ピットが私に与えてくれたものは余りにも大きくて、私の心の中では今でも生き続けているように思えます。
skymamさんも今もこれからも変わらず、ずっとスカイちゃんと一緒に仲良くしていられますよ♪

chikoさん
こんばんは、本当にそうですね。
人間の子も確かい手のかかる子ほどかわいいって当てはまります(笑)

私も時々、スカイはうちに来て本当に幸せだったのだろうか?と良く考え込みました。
もっともっと幸せに暮らせるお家に行くべきだったのでは?とか。。。。
でも今はなんとなく、思えるようになりました。
これで良かったんだろうな、スカイはきっと私の様な飼い主でもママが一番って思ってくれて
いるんだろうな、って。。。
精一杯愛情を注ぎ悔いのないように介護していきたいと改めて思いました。
ではまたお邪魔させていただきます。
ありがとうございました。

skymamさんへ
おはようございます^^
>これで良かったんだろうな、スカイはきっと私の様な飼い主でもママが一番って思ってくれて
>いるんだろうな、って。。。
きっと、その通りだと思います♪
ワンコって見返りを求めず、無条件に飼い主さんを慕ってくると思うんです。
そこがまた愛おしく思えたりして(^^ゞ
スカイちゃんと素敵な日々を過ごしてくださいね。

初めまして、千葉県外房エリア在住のtahepatsuraと申します。
昨年の9/12に”いいね”を頂きお礼が今になってしまったこと、お許しください。
老犬ピットを拝見しました。涙で何度も途中で読めなくなりました。たった2年でも
何十年分の愛情を受けて、ピットは旅立ったと思います。といってもいつもあなたの
そばで少し首をかしげて見ていますよ。
私も一昨年8月13日に19歳のジューン(6月に拾ったので)をなくしました。最後の半年は、目も見えず
耳も聞こえず、立ち上がることもできず寝たきりでした。そんな状態でもとても愛おしい存在でした。
今また昨年の5月から、迷い犬を保護していますが、この子も重度のフィラリアで獣医さんからは
秋を迎えられないかも・・。と言われましたが、毎日の投薬とカロリーコントロールで今も元気で
おります。動物は自分で人生を選べません。飼い主次第となります。
Chikoさんの気持ちがピットを2年間生きさせたのだと思います。
私も生き物が大好きで、猫5匹と犬2匹と生活しています。ブログに遊びに来てください。
こちらも楽しく拝見させて頂きます。よろしくお願いいたします。

tahepatsuraさんへ

初めまして♪コメントありがとうございます*^^*
ピットは私にたくさんの愛情をくれて辛かった時期を支えてくれました。
今でも、アルバムをめくるとピットの優しい姿に癒されます。
犬は人間に見返りを求めない無償の愛で寄り添ってくれますよね。
例え体が年老いていても、その気持ちが見えました。

tahepatsuraさんも動物が大好きな方なのですね(^^*)
私は賃貸住宅に住んでいるので、今は自宅に金魚しかいませんが
わんこやねこちゃんを見かけると喋りかけたくて触りたくてウズウズします(^^ゞ
tahepatsuraさんのところにはたくさんのわんちゃん、ねこちゃんが居るのですね~
お近くだったら、触らせて~遊ばせて~と言っちゃいそうです(^^)
tahepatsuraさんのブログにも後程、ご訪問させていただきます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

information

  • 人気のカメラ女子ブログ

    chiko*photo
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メール